はじめまして!立花ピアノ教室です。

昭島市郷地町にて、2015年冬から開室した個人レッスンピアノ教室です。

当教室の目標や、特徴などをお伝えいたします。

【立花ピアノ教室の目標】

ピアノを特技にする

『もし、この曲がピアノで弾けたら…』

学校で歌った曲、エリーゼのために、ショパンの革命…

さらっと披露できる曲があって、「わぁ~すごいね!」と言われたら…

私も、ピアノというたった一つの特技に、ずっと支えられてきました。

特技が1つあると、自信につながります。

特技の欄に”ピアノ”と書けるように、技術を身につけていきましょう。

自己表現としてのピアノへ

技術が向上して、弾ける曲も増えてきたら

次のステップとしては、自分がどう弾きたいかを感じて、考え、表現することです。

楽譜に書かれたことから作曲家の意図を読み取りながら、自由にあなたの世界を表現しましょう。

「こう弾きたい!」と意思を持って表現するピアノを弾きましょう

そして、たとえば感情が高ぶってどうしようもない時、

「よしピアノを弾こう」とピアノに座り、

お気に入りの1曲弾き終わった時に心が落ち着いているような、

ピアノを弾けることが生涯に渡って財産となり、心のパートナーになることを願っています。

【ピアノを習うことで起きる良いこと】

続ける力が育つ

ピアノを習う上で欠かせないものは練習です。

練習の習慣をつけることで、続ける力が育っていきます。

ピアノ以外でもきっと役立つことでしょう。

緊張に強くなる

教室では2017年度から発表会を開催しています。

人前で演奏する経験から、緊張した時に自分がどうなるかを知り、対処できるようになります。

ピアノで緊張する経験を重ねていくことで、緊張に強くなります。

困難を乗り越える力がつく

弾けない…難しい…できない…

この悩みに大切なのは、次に進む『意欲』。

意欲にはドーパミンが深くかかわっているそうです。

ドーパミンが出るのは、

・何かを達成したとき

・誰かに褒められたとき

・運動したとき

・感謝されたとき

などですが、

ドーパミンが分泌されると、「次も頑張ろう」という『意欲』が生まれるのだそうです。

練習をして達成できたことは、小さなことでも必ず褒める。

そして改善点を一緒に確認して、練習してくる。

この繰り返しで、ピアノを通して困難を乗り越える力がつきます。

【指導の上で大切にしていること】

個人ピアノ教室の良さというのは、個々に丁寧に対応する姿勢だと思います

教室では、生徒さん一人一人の良いところやクセを把握し、

ピアノの技術と表現を可能な限り伸ばしていくこと、

発表会ではどうすれば人前で良い演奏ができるか、一緒に考えていきます。

技術的な面では、手のフォーム指使いを特に丁寧に指導しています。

表現の面では、音楽の息づかい(フレーズ感)、強弱の自然なつけ方曲想をイメージすることを大切にしています。

★オンラインレッスン準備中!!

講師について

体験レッスン申し込み、お問合せ